スポーツ

成年の部男子個人 中川(濫觴会)が4連覇 - 日本拳法県選手権・奈良県高校選手権

関連ワード:

【男子個人決勝】男子個人で頂点に立った青翔の三木(右)=ロート奈良第二武道場

別の写真を見る

高校女子団体 青翔Aに栄冠

 

 日本拳法の第18回県選手権、県高校選手権大会は3日、ロート奈良第二武道場で男女の大学・社会人選手による成年と高校の団体、個人計8種目を行った。新型コロナウイルス感染症拡大の影響で中止が続き、3年ぶりに開催した。

 

 成年の部男子団体は7人の対戦となり濫觴会が6―1で共栄クラブを下した。同女子団体は3人が対戦し橿原高OGチームが濫觴会に2―1で勝利した。

この記事の残り文字数:555文字

この記事はスポーツジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「高校スポーツ」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「中将姫と当麻曼荼羅」展の招待券

重要文化財 当麻曼荼羅(貞享本) 江戸時代・貞享3年(1686) 当麻寺蔵
提供元:主催者
当選者数:2組4
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ