経済

新茶シーズン到来 奈良で初茶入札販売会

関連ワード:

初茶を入念に吟味する茶商ら=6日、奈良市都祁白石町のJAならけん広域茶流通センター

 新茶シーズンの幕開けを告げる初茶入札販売会(県農業協同組合主催)の初市が6日、奈良市都祁白石町のJAならけん広域茶流通センターで開かれた。

 

 奈良市(奈良東部、月ケ瀬)と山添村の生産者が78点(県品茶12点、かぶせ茶49点、一般茶17点)、計約12トンの荒茶を出品。約20の茶商が入札に参加し、1点ずつ香りや手触り、茶の出し方などを入念に吟味した。キロ当たりの最高値は県品茶の9059円(税抜き)だった。

この記事の残り文字数:139文字

この記事は経済ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「農林水産・食」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「中将姫と当麻曼荼羅」展の招待券

重要文化財 当麻曼荼羅(貞享本) 江戸時代・貞享3年(1686) 当麻寺蔵
提供元:主催者
当選者数:2組4
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ