政治

香芝市公共施設に喫煙所新設で市民団体が市長に反対の要望書提出

関連ワード:

福岡市長(左)に要望書を手渡す曽根代表=6日、香芝市役所

 市役所など公共施設への屋外分煙施設(喫煙所)設置に反対する香芝市の市民団体「喫煙所新設に反対する市民の声」(曽根秀一代表)が6日、福岡憲宏市長に3628人分の署名を添えて要望書を手渡した。

 

 同市では2018年4月に施行された受動喫煙防止条例で、公共施設の敷地内が全面禁煙となっている。しかし、市役所の敷地を出た場所での路上喫煙者を生み、受動喫煙により市民の健康に悪影響を及ぼしているとして、市議会は昨年12月、公共施設に屋外分煙施設などの設置を推進する決議案を可決。これに対し、同団体は市議会の3月定例会で新設に反対する請願書を提出したものの不採択となっている。

この記事の残り文字数:273文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「香芝市」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「板谷波山の陶芸」展の招待券

重要文化財「葆光彩磁珍果文花瓶」 大正6年(1917) 泉屋博古館東京蔵
提供元:泉屋博古館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ