政治

生駒市、新たな空き家対策 物件見学に建築士同行

関連ワード:

 空き家対策を進める生駒市は、空き家を含む中古住宅の流通促進を狙い、市に申し込めば物件見学の際に建築士が同行し、住まい選びの相談に乗るなどの新たな事業を展開する。中古物件の購入には欠かせないリフォーム費用や、隠れた不具合はないか、耐震性や断熱性を備えているかなど、建築士が意見、アドバイスしてくれる。市は近く県建築士会と委託契約を締結する予定で、5月16日から市ホームページの申し込みフォームで受け付けを開始する。建築士の知見を行政施策に取り入れる取り組みは新しく、効果が注目される。

 

堅調な実績、プラットホーム

 

 27日、小紫雅史市長が定例会見で明らかにした。

この記事の残り文字数:1,000文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「まちづくり・地方創生」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「中将姫と当麻曼荼羅」展の招待券

重要文化財 当麻曼荼羅(貞享本) 江戸時代・貞享3年(1686) 当麻寺蔵
提供元:主催者
当選者数:2組4
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ