歴史文化

出雲の至宝、一堂に 橿考研付属博物館で特別展

関連ワード:

荒神谷遺跡から出土した銅剣358本のうち3本の実物を見ることができる=21日、橿原市畝傍町

別の写真を見る

 日本神話で多くの物語の舞台になった出雲(現在の島根県)の貴重な出土品の数々が並ぶ特別展「八雲立つ出雲の至宝」があす23日から、橿原市畝傍町の県立橿原考古学研究所(橿考研)付属博物館で開催される。6月19日まで。問い合わせは、同館、電話0744(24)1185。

 

 奈良県と島根県は2020年に東京国立博物館で、日本書紀成立1300年特別展「出雲と大和」を開催。21年には島根県立古代出雲歴史博物館(同県出雲市)で、橿考研博物館が所蔵品を公開する特別展が開かれた。今回、橿考研博物館のリニューアルオープンを記念し、島根の土地で出土した国宝・重要文化財を含む、旧石器時代~奈良時代の考古資料を中心に356点を公開する。

この記事の残り文字数:509文字

この記事は歴史文化ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「考古学」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「中将姫と当麻曼荼羅」展の招待券

重要文化財 当麻曼荼羅(貞享本) 江戸時代・貞享3年(1686) 当麻寺蔵
提供元:主催者
当選者数:2組4
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ