社会

近鉄値上げ 奈良県が「公聴会」要請 経営方針など追及へ

関連ワード:

来年4月から値上げが申請された近鉄。写真は新型名阪特急の「ひのとり」

県民の負担増懸念

 

 近畿日本鉄道(近鉄、大阪市)が、来年4月からの全線運賃値上げを申請したことを受け、県は20日、重要事項を決定する際に学識経験者や利害関係者などに意見を聞く「公聴会」の開催を国土交通省に要請した。荒井正吾知事も出席する予定で、運賃の値上げによって県民への負担増が懸念される中、同社の経営方針やこれまでの取り組みなどを問題視し追及する。

 

 同社によると、普通運賃は平均17.2%、通勤定期は平均18.3%、通学定期は平均9.2%の値上げをする。大阪難波-近鉄奈良の普通運賃は現行の570円から680円に上がる。

この記事の残り文字数:594文字

この記事は社会ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「交通・インフラ」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録

奈良新聞読者プレゼント

上位入賞者による演奏会の招待券

プレゼント写真
提供元:あおによし音楽コンクール奈良
当選者数:3組6人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ