スポーツ

奈良クラブ、受け身に回り同点弾許す 三重戦

関連ワード:

痛い引き分けに「気持ち引き締め」

 

 奈良クラブは先制したあと、前半27分に三重に退場者が出て優位に立ったが、アディショナルタイムに同点弾を許し3―3で引き分けた。

 

 フリアン監督は「3―1となって、さらに2点目を失ってからは余裕を持ってGKを使ってビルドアップすることができなかった」と悔んだ。

この記事の残り文字数:323文字

この記事はスポーツジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「奈良クラブ」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「中将姫と当麻曼荼羅」展の招待券

重要文化財 当麻曼荼羅(貞享本) 江戸時代・貞享3年(1686) 当麻寺蔵
提供元:主催者
当選者数:2組4
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ