政治

奈良市のし尿処理水、奈良県下水道に放流へ あすから切り替え

関連ワード:

 奈良市衛生浄化センター(同市大安寺西2丁目)のし尿処理水を県流域下水道に放流する県と市の協議がまとまり、あす15日から開始されることが分かった。これまで市は適切な処理を行ったうえで、し尿処理水を施設に近い菰川に流していたが、流域下水道に放流先を切り替えた後は、これまで実施してきた「膜分離処理」を含む「高度処理」を行う必要がなくなり、経費削減などが見込まれる。

 

 県と市の協議は2016年度に県が「県汚水処理構想」を策定して以降開始。ようやく昨年11月に市廃棄物対策課が県下水道課に提出していた申し入れ書が受理され、今年1月11日に県と市で協定書が締結された。この間市は汚水桝等の設置や、県に対し処理水の排出開始届の提出、市企業局や保健所への手続きなど、準備を進めてきた。

この記事の残り文字数:502文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「奈良市」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「板谷波山の陶芸」展の招待券

重要文化財「葆光彩磁珍果文花瓶」 大正6年(1917) 泉屋博古館東京蔵
提供元:泉屋博古館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ