政治

奈良市八条・大安寺周辺まちづくりで市が基本計画案

関連ワード:

奈良市の「八条大安寺周辺地区まちづくり基本計画(案)」について、会見で説明する仲川市長=12日、同市役所

 奈良市は12日、JR関西本線の新駅設置や京奈和自動車道(大和北道路)奈良インターチェンジ(IC)の整備に合わせた同市八条・大安寺周辺地区について、「まちづくり基本計画(案)」をまとめ公表した。県内で唯一、ICと新駅が近接する同地区では、交通結節点の要となるインフラ整備や企業誘致が見込まれる一方、「史跡大安寺旧境内」保存事業との調和など課題も上がる。市はきょう13日から5月末まで市民らから意見を募集するとし、仲川元庸市長は「県と連携した交通結節を軸とするまちづくりであり、どう発展させるのか方向性をまとめるに当たり、広く意見をいただきたい」としている。

 

 同地区のまちづくりは2015年1月、県と市が締結した「まちづくり連携推進事業」の包括協定の一つ。対象面積約400ヘクタールのうち、基本計画案では、29年3月末に完了予定の鉄道高架化事業など「新たな玄関口としての交通結節点機能の形成」や、新駅南側に展開する「先端技術を活用した新産業創造拠点」(約30ヘクタール)、大安寺旧境内(約26ヘクタール)を含む「緑・文化豊かで暮らしやすい都市空間づくり」などの基本方針ごとに事業内容が示された。

この記事の残り文字数:794文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「建設・開発」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「板谷波山の陶芸」展の招待券

重要文化財「葆光彩磁珍果文花瓶」 大正6年(1917) 泉屋博古館東京蔵
提供元:泉屋博古館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ