教育

新しい母校の歴史刻む 宇陀高校で開校式、入学式

関連ワード:

新入生を代表してあいさつする長山愛美さん=11日、宇陀市榛原下井足の県立宇陀高

 榛生昇陽高校と大宇陀高校が統合

 

 榛生昇陽高校と大宇陀高校が統合して設置された県立宇陀高校の開校式と新入生の入学式が11日、宇陀市榛原下井足の同校であった。初年度はこども・福祉科、情報科学科、普通科の3学科と、2年制の専攻科「介護福祉科」に計138人が入学した。

 

 開校式では、県教育委員会の吉田育弘教育長が開校を宣言。入学式では、新入生を代表して普通科の長山愛美さん(15)が「『育む、挑む、拓く』の校訓のもと、母校の素晴らしい歴史を築くことを誓います」と宣誓した。

この記事の残り文字数:548文字

この記事は教育ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「高校・高専」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「中将姫と当麻曼荼羅」展の招待券

重要文化財 当麻曼荼羅(貞享本) 江戸時代・貞享3年(1686) 当麻寺蔵
提供元:主催者
当選者数:2組4
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ