社会

奈良県「第7波」へ備え 高齢者施設などに感染対策の責任者

関連ワード:

 

奈良県への登録検討

 

 荒井正吾知事は4日、定例記者会見で、新型コロナウイルスの感染「第7波」に備えて、高齢者施設への医療提供体制の強化とともに、クラスター対策として医療機関や福祉施設などに感染防止マニュアルの実践責任者を定め、県に登録することを検討していることを明らかにした。県は県医師会などと連携して今月中に対処方針をまとめ、「まん延防止等重点措置」などによらない感染防止対策を継続する。

 

 昨年12月末からの感染「第6波」では新型コロナの変異型「オミクロン株」の影響で無症状や軽症の患者が多かったため、自宅や高齢者福祉施設内での療養者が急増した。

 

この記事の残り文字数:663文字

この記事は社会ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「奈良県」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「中将姫と当麻曼荼羅」展の招待券

重要文化財 当麻曼荼羅(貞享本) 江戸時代・貞享3年(1686) 当麻寺蔵
提供元:主催者
当選者数:2組4
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ