スポーツ

奈良県ペタンク香芝市オープン、郡山Cチーム優勝

関連ワード:

【決勝トーナメント1回戦、郡山C―香芝D】優勝した郡山C=香芝市観正山グラウンド

別の写真を見る

24チーム72人が参加

 

 県ペタンク・ブール連盟が主催する香芝市オープン大会が27日、香芝市観正山グラウンドで開催され、郡山Cチーム(北川三郎、高石昭、奈良勲芳)が優勝した。

 

 2021年度最後の県大会となる今大会はトリプルスで競われ、県内各地から24チーム72人が参加。桜の下で競技を楽しんだ。同連盟の亀井芳子副会長は「コロナ禍で大会の数も減ってしまったが、今日は好天の中で1年の締めくくりができて良かった」と大会を振り返った。閉会式では逸崎保会長が「来月から新年度となり、4月、5月、6月と大会が続くので、体調に気を付けて参加してほしい」と呼び掛けた。

「地域スポーツ」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「板谷波山の陶芸」展の招待券

重要文化財「葆光彩磁珍果文花瓶」 大正6年(1917) 泉屋博古館東京蔵
提供元:泉屋博古館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ