政治

奈良市異動706人 若手や女性、積極登用

関連ワード:

 奈良市は28日、4月1日付の人事異動を発表した。異動総数は706人で、都祁、月ケ瀬の2村と合併した平成17年度以降で最も少ない規模となった。

 

 市人事課は、新型コロナウイルス感染拡大がいまだ収束の見通しが立たない中、異動規模を最少限度にしたと説明。そのなかで年功序列的な考えにとらわれず、多角的な視点を持った若手職員や女性職員の積極的な登用を図ったと説明した。

 

 異動名簿も奈良新聞デジタル(有料)で掲載。3月29日付奈良新聞にも掲載しています。

この記事の残り文字数:443文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「人事異動2022」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「板谷波山の陶芸」展の招待券

重要文化財「葆光彩磁珍果文花瓶」 大正6年(1917) 泉屋博古館東京蔵
提供元:泉屋博古館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ