政治

一つの「区切り」/前途多難 奈良市新斎苑事業、市民の受け止めさまざま

関連ワード:

今後の裁判の行方など取材に応じる仲川元庸市長=25日、奈良市横井町の「市斎苑 旅立ちの杜」

 奈良市の新斎苑事業は、「旅立ちの杜」の工事が完了。あとは開業を待つばかりとなり、一つの「区切り」を迎えた。しかし、持ち越されたり、新たに待ち受ける課題もあり、前途はまだまだ多難との見方もある。

 

 新斎苑事業については、その受け入れを巡り地元や地域に大きな分断を引き起こした。住民間の溝はまだ深いまま、市は将来に向けたまちづくりの「地元活性化事業」(地元還元事業)で穴埋めしようとしているが、横井東、鹿野園、白毫寺の3町と約束した事業の総額はいまだ明らかになっていない。

この記事の残り文字数:221文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「奈良市」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「中将姫と当麻曼荼羅」展の招待券

重要文化財 当麻曼荼羅(貞享本) 江戸時代・貞享3年(1686) 当麻寺蔵
提供元:主催者
当選者数:2組4
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ