政治

奈良公園の猿沢池、鷺池 水質環境、改善へ

関連ワード:

今年2月に行われた鷺池の池干しの様子=奈良市高畑町

県、流水量増など計画

 

 水質の悪化が指摘されている奈良公園の猿沢池と鷺(さぎ)池について、県は水環境改善に向けた事業の実施計画をまとめた。両池は奈良公園を代表する景勝地で人気の観光スポットだが、近年は水が濁り、微生物由来の浮遊物が見られたり、アオコによる悪臭がするなど問題が発生、対策が求められていた。来年度以降、泥の除去や池に流入する水量を増やすなどの事業を行い水質改善を目指す。

 

 県奈良公園室によると、猿沢池は現在、流入水量が少ないため水の入れ替わりがほとんどなく、濁りや浮遊物も見られる状態が続いている。浮見堂がある鷺池も夏場を中心にアオコが発生、悪臭がするなどの問題が起きている。このため今年2月に鷺池の水を抜くなど現状の調査を行い、対策をまとめた。

この記事の残り文字数:786文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「奈良県」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「中将姫と当麻曼荼羅」展の招待券

重要文化財 当麻曼荼羅(貞享本) 江戸時代・貞享3年(1686) 当麻寺蔵
提供元:主催者
当選者数:2組4
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ