政治

中町道の駅 - 未来の屋台骨―令和4年度県当初予算案から(8)

関連ワード:

令和5年度のオープンを目指し、造成工事が始まった「中町道の駅」のイメージ図(県提供)

観光の起爆剤期待、交通や防災拠点で活用も

 

 大阪方面からの奈良観光の玄関口となる「中町道の駅」(奈良市中町)が令和5年度内にオープンする。県は同4年度当初予算案に約6億9000万円を計上し、建設工事に着手するとともに施設の指定管理者も決定。道の駅には農産物の直売所やレストランが設けられるほか、観光バスや路線バスなど公共交通の拠点化も目指す。また、災害時には広域的な防災拠点とする新制度「防災道の駅」に選定されており、有事に駐車場が自衛隊や消防、警察車両などの参集拠点となる。 

 

 県道路建設課によると、中町道の駅の予定地は同市西部の第二阪奈道路中町インターチェンジ(IC)近くにある県有地約3ヘクタール。富雄川沿いで、平城遷都1300年祭の「パークアンドバスライド」でバスやマイカーの駐車場に使うため、平成21年度に約19億円で県が購入した。

この記事の残り文字数:580文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「奈良県」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「中将姫と当麻曼荼羅」展の招待券

重要文化財 当麻曼荼羅(貞享本) 江戸時代・貞享3年(1686) 当麻寺蔵
提供元:主催者
当選者数:2組4
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ