スポーツ

チームが一つに フリアン監督が喜び - 奈良クラブ

関連ワード:

 1点を先制した後だった。前半の終了直前、滋賀のカウンターをペナルティエリア直前で止めた奈良の選手がまさかの一発退場。優位な試合展開に持ち込むはずだった奈良が後半は1人少ない10人で戦うピンチ。それでもフリアン監督が後半に送り込んだ交代選手たちが奮闘。「自分たちのミスで1人少ない状況になったが、どの交代選手もレベルが高く、100%の力を出してくれた。チームが一つになった」と同監督は喜んだ。

 

 ベンチワークがさえわたった。後半はフォーメーションを巧みに変えた。4―3―2に変更し、当たりの強い選手を中盤に投入。それでも劣勢を跳ね返せないと判断すると、4―4―1に変え、1人ではスペースを埋めきれず後手に回る両サイドを補い1点を守り切った。

この記事の残り文字数:163文字

この記事はスポーツジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「奈良クラブ」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「中将姫と当麻曼荼羅」展の招待券

重要文化財 当麻曼荼羅(貞享本) 江戸時代・貞享3年(1686) 当麻寺蔵
提供元:主催者
当選者数:2組4
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ