社会

入院の優先基準検討 県対策会議 - 新型コロナ

関連ワード:

 県と医療関係者らが情報共有や意識の共通化を図る県新型コロナ医療対策会議の第4回会合が10日、オンライン形式で開かれた。今回は入院を優先すべき患者をどのように基準を決めるのかや院内感染の防ぎ方などを協議した。最後に、荒井正吾知事は「入院を優先させる判断基準がない。検討しなければらない。院内感染防止策を再度、徹底させる」とした。

 

 会合には、荒井知事ら県関係者と安東範明県医師会長のほか、県病院協会やコロナ患者の受け入れ病院の関係者らが参加。感染者の中から、どのような人に優先して入院治療を受けてもらうのが良いのかについて意見を交換した。

この記事の残り文字数:325文字

この記事は社会ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「新型コロナ」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「中将姫と当麻曼荼羅」展の招待券

重要文化財 当麻曼荼羅(貞享本) 江戸時代・貞享3年(1686) 当麻寺蔵
提供元:主催者
当選者数:2組4
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ