政治

奈良市「クリーンセンター」建設に黄信号 市長、七条地区案を固持

関連ワード:

 奈良市の新しいごみ処理施設「クリーンセンター」建設に黄信号がともっている。「広域化」で進める当初の計画から大和郡山市が離脱した後も、仲川元庸市長は同市と境を接する七条地区に建設する考えを変えていない。しかし、市議会に「七条地区案」を強く後押しする意見は少なく、施設整備基本計画策定など関連経費約9500万円が盛り込まれた新年度予算案の審議にも影響を与えそうだ。

 

 昨年9月、広域化の合同勉強会から離脱した大和郡山市は、奈良市の計画地から目と鼻の先の同市九条町にある市清掃センターの現地建て替えを予定。同じエリアに二つの施設が並ぶ可能性が高まっている。

この記事の残り文字数:917文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「公共事業」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「板谷波山の陶芸」展の招待券

重要文化財「葆光彩磁珍果文花瓶」 大正6年(1917) 泉屋博古館東京蔵
提供元:泉屋博古館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ