歴史文化

五穀豊穣と商売繁盛祈願 成願稲荷神社で初午祭

関連ワード:

巫女(みこ)から旗あめを受け取る参拝者=6日、桜井市三輪の成願稲荷神社

 桜井市三輪の大神神社末社、成願稲荷神社で6日、五穀豊穣(ほうじょう)や商売繁盛を祈る「初午(はつうま)祭」が営まれた。昨年に続き、今年も新型コロナウイルス感染拡大防止のため、参列は代表の地元住民ら数人のみとした。

 

 初午祭は和銅4(711)年旧暦2月の最初の午の日に、伏見稲荷神社(京都市)が鎮座したことに由来。成願稲荷神社では、旧暦2月にあたる3月の最初の午の日に例祭として営まれている。

この記事の残り文字数:93文字

この記事は歴史文化ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「神社仏閣」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「中将姫と当麻曼荼羅」展の招待券

重要文化財 当麻曼荼羅(貞享本) 江戸時代・貞享3年(1686) 当麻寺蔵
提供元:主催者
当選者数:2組4
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ