教育

コロナに負けず充実 奈良学園登美ケ丘高で卒業式

関連ワード:

充実した学校生活を振り返り、力強く答辞を述べる仲北さん(右)=3日、奈良市中登美ケ丘3丁目の奈良学園登美ケ丘高校

 奈良市中登美ケ丘3丁目の奈良学園登美ケ丘高校(安井孝至校長)で3日、第11回卒業式があり、126人が巣立った。同学園中学からの生徒は6年間、同学園小学校からの生徒は12年間、それぞれ通い慣れた学びやを後に、新たな一歩を踏み出した。

 

 卒業生一人一人に卒業証書を手渡した安井校長は式辞で「高校生活のうち2年間はコロナ禍におけるさまざまな制約があったが、熱意と工夫で苦難に立ち向かい、本校に新しい学びの形をつくり上げてくれた」と卒業生をたたえた。

この記事の残り文字数:276文字

この記事は教育ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「高校・高専」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「中将姫と当麻曼荼羅」展の招待券

重要文化財 当麻曼荼羅(貞享本) 江戸時代・貞享3年(1686) 当麻寺蔵
提供元:主催者
当選者数:2組4
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ