歴史文化

法華寺で「古代ひな人形展」

関連ワード:

皇室ゆかりのひな人形などが展示された古代ひな人形展=3日、奈良市法華寺町の法華寺

 皇室ゆかりで大和三門跡寺院のひとつ、奈良市法華寺町の法華寺境内の東書院で、「古代ひな人形展」が行われている。同寺に多数伝わる皇室や公家ゆかりのひな人形、稚児人形、御所人形の中から、江戸時代から現代までのひな人形約100点を展示している。

 

 人形は幼くして寺に入る子や孫のために持たされたり送られたもの。東山天皇や香淳天皇ゆかりのもののほか、佐賀錦を使ったものや現代の名工による奈良一刀彫など。ネコ好きだった久我高照・前門跡に贈られた眠り猫の人形なども展示されている。

 

 展示は14日までで、開館時間は午前9時から午後4時30分。観覧は入山料込みで大人800円。

「季節の話題」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「中将姫と当麻曼荼羅」展の招待券

重要文化財 当麻曼荼羅(貞享本) 江戸時代・貞享3年(1686) 当麻寺蔵
提供元:主催者
当選者数:2組4
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ