歴史文化

史料から楽しむ東大寺お水取り 31日まで奈良で特別展

関連ワード:

「お水取り」関連の史料が展示された「ならまち歳時記」のコーナー=2月23日、奈良市脇戸町の奈良市史料保存館

「二月堂牛玉宝印」など

 

 奈良市脇戸町の奈良市史料保存館で「お水取り」展が開かれている。季節にちなむ伝統行事や風物詩などの歴史資料をテーマにして数点ずつ展示する同館の特別陳列「ならまち歳時記」の一環で、31日まで。

 

 展示は、「お水取り」として親しまれる東大寺二月堂の修二会(しゅにえ)の儀式の中で作られる「二月堂牛玉宝印(ごおうほういん)」と「大和国奈良東大寺二月堂御法事略図」。これは松明(たいまつ)の炎や「お水取り」のいわれである二月堂近くの若狭井から水をくむために石段を下りる姿などが描かれた略図で、観光客の土産物として明治30年に作られたもの。

この記事の残り文字数:105文字

この記事は歴史文化ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「伝統行事」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「中将姫と当麻曼荼羅」展の招待券

重要文化財 当麻曼荼羅(貞享本) 江戸時代・貞享3年(1686) 当麻寺蔵
提供元:主催者
当選者数:2組4
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ