政治

元地権者の資産仮差し押さえ 新斎苑用地買収訴訟で奈良市

関連ワード:

 4月開業を予定する奈良市の火葬場「新斎苑」(同市横井町、市斎苑旅立ちの杜)の用地買収を巡る住民訴訟の判決確定で、仲川元庸市長とともに市から損害賠償金約1億1640万円と遅延損害金(1日現在2266万4113円)の支払い請求を受ける大阪府内の地権者2人に対し、市は1日、銀行口座と不動産の仮差し押さえを行ったことを明らかにした。1月21日、大阪地方裁判所に申し立てを行っていた。その際、債権保全の手続きに必要だった供託金2100万円について市長専決処分し、あす3日開会の3月定例議会に報告、承認の手続きを取る。

 

 用地取得にかかる損害賠償を巡っては、大阪高裁の判決が昨年10月7日に確定。地方自治法は確定の日から60日以内に全額を支払うよう規定しているが、期日(同12月6日)までに支払われなかったことから、先月14日、市は3人を相手取り、奈良地裁に損害賠償請求訴訟を起こしている。

この記事の残り文字数:403文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「奈良市」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「武家政権の軌跡」展の招待券

足利義政像 一幅 室町時代 絹本著色 慈照院蔵 ※初公開/I期のみ展示
提供元:広報事務局
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ