教育

五條高定時制 信念継ぎ最後の巣立ち

関連ワード:

除幕した記念碑を眺める井上校長(右)と卒業生ら=1日、五條市岡町の県立五條高校

 県立高校適正化計画に伴い生徒募集を停止していた五條市岡町の県立五條高校定時制課程(井上恵充校長)では1日、最後の生徒3人が卒業し、閉課式があった。校門近くに建てた記念碑に「夕映えに学ぶ」と刻み、勤労青年が学んだ日々の尊さを伝えた。

 

 昭和25年に設置された夜間定時制で、同49年に商業科から普通科に変更。72年間で1019人が卒業した。生徒数は昭和40年代初めには200人を超えたが以降は減少していた。

この記事の残り文字数:297文字

この記事は教育ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「高校・高専」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「中将姫と当麻曼荼羅」展の招待券

重要文化財 当麻曼荼羅(貞享本) 江戸時代・貞享3年(1686) 当麻寺蔵
提供元:主催者
当選者数:2組4
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ