政治

「大和平野中央スーパーシティ」検討会 荒井知事や企業、有識者ら 構想推進へ意見交換

関連ワード:

大和平野中央スーパーシティ構想の実現に向け意見交換した検討会=21日、奈良市三条大路1の県コンベンションセンター

 大和平野中央スーパーシティ構想の第3回検討会が21日、奈良市三条大路1丁目の県コンベンションセンターを主会場にウェブとの複合形式で開かれ、荒井正吾知事ら行政関係者や民間企業、有識者らが参加。構想の推進に向けて意見交換などを行った。

 

 この日の検討会は「脱炭素社会への挑戦(シュタットベルケ構想)」をテーマに開催。始めに環境省地域脱炭素推進総括官の上田康治氏が「脱炭素の取り組みで進める地域の活性化」と題して、国が示すロードマップの全体像を説明。今後の5年間に政策を総動員して2030年までに少なくとも100カ所の「脱炭素先行地域」をつくり、モデルを全国に広げて2050年を待たずに脱炭素の達成を目指すと話した。

この記事の残り文字数:348文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「奈良県」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「武家政権の軌跡」展の招待券

足利義政像 一幅 室町時代 絹本著色 慈照院蔵 ※初公開/I期のみ展示
提供元:広報事務局
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ