経済

奈良県内の外国人労働者6403人 令和3年10月末

関連ワード:

平成20年以降で最多、増加率は縮小

 

 奈良労働局は20日までに、令和3年10月末現在で集計した県内事業所の外国人雇用届け出状況をまとめ、発表した。外国人労働者数は前年より392人多い6403人で、平成20年以降で最多となった。ただ増加率は6・5%で前年(8・1%)より1・6ポイント縮小した。外国人を雇用している事業所数は前年比11・4%増の1390カ所。引き続き県内には外国人の労働力を求める動きがあるものの、新型コロナウイルス対策による入国制限などが影響、労働者数の伸び鈍化につながったとみられる。

 

 外国人雇用の届け出制度は、雇用管理の改善や再就職支援などが目的。外国人労働者を雇用したすべての事業主が、氏名や在留資格などを公共職業安定所に届け出ることが義務付けられている。

この記事の残り文字数:444文字

この記事は経済ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「統計」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録

奈良新聞読者プレゼント

「朝鮮美術の精華」展の招待券

楊柳観音図 高麗時代 大和文華館蔵
提供元:大和文華館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ