生活情報

音羽山観音寺 後藤住職の花だより - 2022年冬 雪の日編

関連ワード:

雪の日の郵便配達。さっそうと走る姿をパチリ

 山の中腹にある音羽山観音寺までは急坂。雪が積もるとコンクリートでできた参道が真っ白になります。薪ストーブも内部温度250度では部屋が寒く感じます。300度で維持するように大きな丸太をくべます。

 

雪が積もった坂道

 

雪の日の過ごし方 ある日の観音寺

 

 坂道が雪でおおわれた朝。犬のオサムがはげしく吠えてました。オサムはエンジン音が大嫌い。境内まで1台のバイクが上がってきました。郵便局の配達員が手紙を運んできたのです。観音寺に参拝に訪れた人は急坂を知っています。郵便局のバイクに出会うと必ず驚くそうです。

 

 「天気が悪い時は配達はいいよー。って言ってるんだけどね。手紙を届けてくれるのよ」と感謝をする住職。

 

真っ赤に燃える薪ストーブ

 

 雪の日は薪をたくさん使います。ストーブがある居間に入ると少し寒く、ネコのクルミが「ニャー」と訴えていました。

 

 「そろそろ湯たんぽのお湯を換えないとね」

 

 ストーブの上にのったヤカンをおろします。湯たんぽをクルミの寝床に入れ、薪を追加したとたん、すやすやと寝てしまいました。

 

 

ぐっすりのクルミ

 

 夜寝る前にも大きな薪をくべます。朝は火が消えて部屋が7度くらいに。クルミに「ニャー(早くストーブに火をつけて)」と起こされます。

 

お散歩待ちのオサム

 

 本堂の住職等身大のパネルは、防寒の帽子とマフラーを付けていました。

 

寒そうなパネルの住職

 

 

 

音羽山観音寺

山の中にある尼寺。桜井市南音羽 火曜日は閉門します。

JR・近鉄桜井駅下車、桜井市コミュニティバス談山神社行、下居下車、約2km

「音羽山観音寺後藤住職の花だより」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「武家政権の軌跡」展の招待券

足利義政像 一幅 室町時代 絹本著色 慈照院蔵 ※初公開/I期のみ展示
提供元:広報事務局
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ