社会

県治山事業促進協と県コンクリート診断士会が技術支援協定

関連ワード:

調印を交わした協定書を手にする角谷・野迫川村長(左)と葛目会長=8日、野迫川村北股の村役場

構造物を適切に維持

 

 山地での災害から命や財産を守る治山ダムや林道橋などの構造物を適切に維持するため、県内31市町村でつくる県治山事業促進協議会(会長=角谷喜一郎・野迫川村長)は8日、民間ボランティア団体の県コンクリート診断士会(葛目和宏会長、約40人)と技術支援協定を結んだ。

 

 同診断士は公益社団法人日本コンクリート工学会が認定する民間資格で、コンクリート構造物の劣化診断や長寿命化技術に詳しい。

この記事の残り文字数:365文字

この記事は社会ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「防災・減災」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「中将姫と当麻曼荼羅」展の招待券

重要文化財 当麻曼荼羅(貞享本) 江戸時代・貞享3年(1686) 当麻寺蔵
提供元:主催者
当選者数:2組4
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ