歴史文化

宇陀でかぎろひを観る会

関連ワード:

雲上に浮かぶ赤みを帯びた光を眺める参加者=11日、宇陀市大宇陀中庄のかぎろひの丘万葉公園

 第50回かぎろひを観る会(宇陀市観光協会主催)が11日早朝、同市大宇陀中庄のかぎろひの丘万葉公園で開かれた。凍てつく寒さの中、県内外から約150人が参加。雲にさえぎられていたものの、うっすら赤みを帯びた東の空を感慨深く眺めた。

 

 かぎろひは、日の出の1時間ほど前にグラデーションをなして現れる陽光。同会は毎年、万葉歌人の柿本人麻呂が当地の夜明けの情景を詠んだとされる旧暦11月17日(本年度は昨年12月20日)に開催。また今回から、寒さが増してかぎろひが現れやすくなるこの時期と併せて2回実施されることとなった。

 

 この日は天気も良く、参加者は夜が明けるにつれて目の前に広がる幻想的な風景を撮影するなどしていた。愛知県岡崎市から3年連続で訪れたという私立大学4年、西海人さん(22)は「古典が好きで参加している。今回は(かぎろひが)出ている方で来てよかった」と話した。

 

 同市観光協会の井上源一会長(71)は「過去5年と比べてもよく見えたのでは。この時期の開催は正解だった。続けていきたい」と話した。

「観光・催し」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「中将姫と当麻曼荼羅」展の招待券

重要文化財 当麻曼荼羅(貞享本) 江戸時代・貞享3年(1686) 当麻寺蔵
提供元:主催者
当選者数:2組4
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ