政治

橿原市が移住サポート  専門事業者らと連携、希望者後押し体制構築

関連ワード:

 橿原市は、移住者を呼び込み、定住につなげるため、民間事業者などと連携する「市移住・定住サポートネットワーク」を立ち上げた。住宅、就職・起業、金融の3分野を専門とする事業者や業界団体のノウハウを生かし、移住希望者のきめ細かい支援につなげる。

 

 市の人口は平成22年の12万5605人をピークに以降は減少に転じ、今年2月1日時点で12万409人。今後の人口減少や少子高齢化を見据え、市は平成30年度、市役所内に移住相談窓口を開設した。都市圏のイベントで市で暮らす魅力をPRするほか、コロナ禍の中で国の重要伝統的建造物群保存地区の「今井町」を巡るオンラインツアーを開催するなど、移住・定住施策に取り組んできた。

この記事の残り文字数:280文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「過疎・少子化対策」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「中将姫と当麻曼荼羅」展の招待券

重要文化財 当麻曼荼羅(貞享本) 江戸時代・貞享3年(1686) 当麻寺蔵
提供元:主催者
当選者数:2組4
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ