生活情報

音羽山観音寺 後藤住職の花だより - 2022年冬

関連ワード:

住職とクルミ

 音羽山観音寺は桜井市音羽山の中腹にあります。1月の寒波で、昼間でも外気温がマイナス1度、玄関に入っても3度という厳しさです。この日は朝の9時に雪が降り始め、2時間で庭が真っ白になりました。

 犬のスイカ、オサムは元気に庭を駆け回り、ネコのクルミ、クーちゃんはストーブの前から動きません。

 そんな真冬の日常をお届けします。

 

 

お正月の盛り花から 春の盛り花に変わる

 

 お寺のあちらこちらに花がいけられ、見る人の目をいやしてくれます。

 住職は高野山で華道も学んできました。ここでは音羽山観音寺流です。

 

正月の盛花=春らしく松や梅で体胴用を表している

 

 

 「お花を中心に正真(しょうしん)。その正真の部分を私は仏様と思っているの。だいたい花器の2~2.5倍くらいの高さに体(たい)。中ぐらいの位置に相(そう)。下の位置に用(ゆう)。二種類の木だったり一種類にしたり体相用(たいそうゆう)を三角形のかたちにするのよ」

 体相用の木を探しに境内を歩きました。

 

タロウの小屋があった場所。ヤブサンザシを見て「この枝に決めた」と住職

 

 

 「若松、オモト、コウヤマキ、季節によってはギボウシだったり。今日はヤブサンザシにしようかしら」と木をザクザクと切っていきます。

 「出生(しゅっしょう)のままにいけるのよ」と、曲がった枝も切っていきました。

 

どこを切ろうか思案中。真剣なまなざし

 

 

 花びんにヤブサンザシを入れていきます。曲がった枝は、花びんでグラグラ。「いい子で立っときや」と住職は話しかけます。

 「後ろの子(花と葉)と重ならないように、曲げるか切るかー」ハサミをチョキチョキしながら考えます。

 「こんなもんかな?」で終了。完成形はないのかもしれません。玄関に春を呼ぶ新しい盛り花となりました。

 

春の盛花=華やかな色花を中心に

 

 

家の中何なりと飾る そこに花がある限り

 

 住職はお稽古に山を降りる時があります。「これからの季節なら、チューリップを格花かしら」

 玄関先に飾る花は正面から見て映えるようにいけてます。飾る場所によっては、三方から見て映えるようにいけることもあるそうです。花びんだけでなく、もちろん剣山も使います。

 玄関で一番目を引くのは、この新しい盛り花でなく菜の花とオモト。

 

みごとな黄色の彩りが目立つ菜の花

 

 

 「年末にね。食べるつもりで菜の花を買ったの。ところが食べる機会がなくってね。気がついたら花が咲いちゃって。そのまま飾ったの」

 オモトは葉だけでなく赤い実もついていました。

 「これだけきれいに実がそろっているのはめずらしいの。この実、植えると新しい芽が出るのよ」

 春にオモトの苗を作るつもりつもりかもしれません。

 お寺の冬は菊が主役の盛り花ばかり目にします。

 「菊をいけるの、もうあきたわ」

 雪で白くなった庭を眺めながら春を待ちわびているようでした。

 

 

 

【お知らせ】

 

2022年2月から音羽山観音寺は毎週火曜日を閉門します。拝観ができませんのでご了承ください。また電話も不通です。お供え物は火曜日に到着しないように配慮をお願いします。また17日の御縁日が火曜日の時は開門、翌日18日が閉門になります。

 

 

 

〈音羽山観音寺〉

山の中にある尼寺。桜井市南音羽

JR・近鉄桜井駅下車、桜井市コミュニティバス談山神社行、下居下車、約2km

「音羽山観音寺後藤住職の花だより」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「武家政権の軌跡」展の招待券

足利義政像 一幅 室町時代 絹本著色 慈照院蔵 ※初公開/I期のみ展示
提供元:広報事務局
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ