生活情報

音羽山観音寺後藤住職の花だより - 2022年冬 観音寺にようこそ編

関連ワード:

 桜井市音羽山観音寺は融通念仏宗です。信者でなくても訪れてもよいお寺です。ただし車で行けるのは山の麓まで。1km以上はコンクリート道を歩きます。山の中腹にある観音寺は、昔から音羽山、経ガ塚山、熊ヶ岳登山の立ち寄り所として親しまれてきました。緑豊かな音羽山観音寺に行ってみませんか。

 

2021年12月31日の音羽山観音寺

 

 

除夜の鐘つく参拝者 2022年の幕開け

 

 2022年22時30分くらいから参拝者が集まり始め、23時45分から除夜の鐘が始まります。除夜の鐘は住職が最初と最後につき、その間は参加者が順番につきます。108回の数がわかるようにミカンまたはアメを用意。ついた人に渡していきます。

 

最初の除夜の鐘をつく住職

 

 

 この日集まったのは子どもも入れて30人ほど。1人3回鐘つきがまわってきました。次こそ参加したい考えている人は、防寒を万全に、凍結することも考えて滑らない靴を。街灯もない山道なので懐中電灯持参。登ると汗をかくので、Tシャツくらいの着替えは必要です。

 

 

 

毎月17日の御縁日 年間行事に参加を

 

 観音様をお祭りする御縁日は毎月17日。4月17日は大般若会(だいはんにゃえ)で一番大きなお祭りになります。いずれの御縁日も経本は必要。当日購入(500円)も可能です。経本に書かれてある観音経を分かりやすくしたひらがなのお経を参加者全員で唱えます。10時に始まり11時ごろ終了です。

 

 また11月の第4日曜日はお葉つき銀杏まつりがあります。樹齢600年、県の天然記念物のイチョウの木をお祭りします。

 

 普段の参拝は9時~16時30分です。2022年2月から毎週火曜日は閉門になります。

 

 「2月で71歳になります。これを機に火曜日をお休みしますね」と住職。

 

 御供物が届いても下山しないと受け取れません。「火曜日到着は避けてもらえたら」と話します。ただし17日が御縁日であれば開門しています。翌日18日が閉門です。この日を避けて参拝しましょう。 

 

17日・御縁日の住職

 

 

〈音羽山観音寺〉

山の中にある尼寺。桜井市南音羽

JR・近鉄桜井駅下車、桜井市コミュニティバス談山神社行、下居下車、約2km

「音羽山観音寺後藤住職の花だより」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「武家政権の軌跡」展の招待券

足利義政像 一幅 室町時代 絹本著色 慈照院蔵 ※初公開/I期のみ展示
提供元:広報事務局
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ