教育

受験機会などで意見交換 奈良県教育委員会、県立高校入試で検討委員会

関連ワード:

 県立高校入学者選抜の今後の在り方について検討するため、県教育委員会が設置した検討委員会の第2回会合が19日、県庁で開かれた。委員長の小松郁夫・京都大学特任教授ら学識経験者や県内市町村の教育長、小中校校長ら8人の委員と、吉田育弘県教育長らがオンライン出席も交えて議論した。

 

 この日は、主に受験機会に関して意見交換が行われた。現行制度では、特色選抜、一般選抜、追検査、2次募集の四つの検査日程となっている。令和2、3年度は特色、一般選抜ともに倍率が1倍未満であることから「専門学科を重視した特色選抜の趣旨が生徒に伝わっているか」について意見が交わされた。

この記事の残り文字数:405文字

この記事は教育ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「高校・高専」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録

奈良新聞読者プレゼント

「朝鮮美術の精華」展の招待券

楊柳観音図 高麗時代 大和文華館蔵
提供元:大和文華館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ