社会

コロナ対応で奈良県 自宅療養を容認

関連ワード:

 

乳幼児など感染急増、1人での療養困難

 

 新型コロナウイルスの感染急拡大を受け、荒井正吾知事は19日、「自宅療養者ゼロ」の医療方針の原則が困難になったため、「健康観察付きの自宅療養」を容認する意向を明らかにした。県内では同日時点で952人の自宅療養者や入院・入所の待機者がいる上に、入院・入所拒否者は158人にも上る。荒井知事は「できるだけ自宅療養をなくしたい」としつつも、健康観察など一定の条件を設けて自宅療養を認めることにした。

 

 これまで県は、感染者について入院か宿泊療養施設への入所を原則としてきた。しかし、定例記者会見で、荒井知事は「ペットの世話や家族の介護などを理由とした入院拒否者らに、入院入所を強制できない」と強調。医師や保健師らによる健康観察を付けることを条件に、自宅療養を容認する意向を示した。

この記事の残り文字数:401文字

この記事は社会ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「新型コロナ」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録

奈良新聞読者プレゼント

上位入賞者による演奏会の招待券

プレゼント写真
提供元:あおによし音楽コンクール奈良
当選者数:3組6人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ