歴史文化

個性豊か十二支守る - 大和路お寺をゆく60回/新薬師寺(下)/十二神将立像

関連ワード:

個性あふれる十二神将。中央が寅年の守り仏・真達羅大将

 天平19(747)年、聖武天皇の病気回復を願う光明皇后によって建てられた新薬師寺。「新」は新しいではなく、本尊・薬師如来の霊験があらたかである、との意味だ。

 

 本堂(国宝)に居並ぶのは日本最古にして最大の十二神将立像(塑像、像高152~166センチ、奈良時代、11体が国宝)。国宝の薬師如来坐像(木造、像高約190センチ、奈良~平安時代初期)を祭る丸い須弥壇(しゅみだん)の円周に沿って外向きに立ち、ボディガードのようににらみを利かす。それぞれ7000の家来を引き連れ、総勢8万4000の部隊でお薬師さまの世界を守る大将だという。

この記事の残り文字数:613文字

この記事は歴史文化ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「神社仏閣」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録

奈良新聞読者プレゼント

「朝鮮美術の精華」展の招待券

楊柳観音図 高麗時代 大和文華館蔵
提供元:大和文華館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ