歴史文化

故菅谷・橿考研前所長の絶筆を出版 法隆寺再建の謎に迫る

関連ワード:

菅谷文則さんの絶筆となった「甦る法隆寺」

別の写真を見る

 県立橿原考古学研究所(橿考研)の前所長、菅谷文則さんの法隆寺に関する絶筆が、「甦(よみがえ)る法隆寺―考古学が明かす再建の謎」として柳原出版(京都市西京区)から出版された。明治時代から続く同寺の再建・非再建論争を建築史と考古学の両面で明らかにし、世界最古の木造建築、法隆寺を深く知るための入門書となった。

 

 菅谷さんは現在の宇陀市に生まれ、橿考研では飛鳥宮跡や大峯山寺などの調査を担当。滋賀県立大学教授(平成19年に名誉教授)を経て、同21年から橿考研の所長を務めた。令和元年6月に76歳で死去。法隆寺に強い関心を持ち、昭和56年から昭和大修理に伴う境内の発掘調査も担当した。

この記事の残り文字数:799文字

この記事は歴史文化ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「考古学」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録

奈良新聞読者プレゼント

上位入賞者による演奏会の招待券

プレゼント写真
提供元:あおによし音楽コンクール奈良
当選者数:3組6人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ