社会

劇形式で約束呼び掛け 県警と奈良大生、園児に交通安全教室

関連ワード:

奈良大生が企画した交通安全教室で横断歩道の渡り方を学ぶ園児ら=14日、奈良市西大寺国見町1の奈良大付属幼稚園

 奈良市西大寺国見町1丁目の奈良大学付属幼稚園(沢田圭子園長、163人)で14日、奈良大学(清水哲郎学長、同市山陵町)の学生が県警と協力して交通安全教室を開いた。年長園児56人が、劇を通して交通安全と防犯について学んだ。

 

 同大学副学長の島本太香子・社会学部教授(60)が担当する授業「プロジェクト」の一環。同大の学生は本年度のテーマ「地域の安全と安心」に沿って県警の各部署から安全・防犯の講義を受け、子どもらに伝える内容を考えて劇形式にした。

この記事の残り文字数:326文字

この記事は社会ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「防犯・交通安全」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

「光の芸術家 ゆるかわふうの世界」展の招待券

「光のもとで」2018年
提供元:神戸ファッション美術館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ