社会

「出鼻くじかれた」陣営関係者に衝撃 前川衆院議員 書類送検

関連ワード:

 「ほかの陣営もやっている」「代表就任直後に何で」「出鼻くじかれた」―。14日、日本維新の会の前川清成衆院議員が、公職選挙法違反の疑いで書類送検。衆院選の初当選からわずか2カ月半後、陣営関係者に衝撃が走った。

 

 前川氏の陣営は公示日直前の昨年10月中ごろ、関西大学の卒業生らでつくる「前川きよしげを支える関大有志の会」の会員ら約2000人に会長名で封書を発送した。封書の中には、選挙運動期間中にのみ使用が認められている「選挙はがき」のほか、選挙でのボランティアスタッフの依頼や同氏のポスター掲示のお願いなどが書かれた書類が入っていた。「選挙はがき」は宛名やメッセージなどの記入を依頼する内容だった。

この記事の残り文字数:434文字

この記事は社会ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「国政選挙」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

ピアノデュオとバンドネオンのコンサートの招待券

プレゼント写真
提供元:大和高田さざんかホール
当選者数:10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ