政治

田合氏が出馬表明 曽爾村長選、「田畑の荒廃止める」

関連ワード:

 任期満了に伴う曽爾村長選(18日告示、23日投開票)に、新人で村森林組合長の田合豪氏(57)が12日、無所属で立候補する意向を表明した。同村長選への出馬表明は3選を目指す現職の芝田秀数氏(74)に次いで2人目。

 

 会見した田合氏は「少子高齢化が進む中、村民はそれぞれ課題を抱えているが解決策を提示できていない」と現村政について指摘し、「今やるべきことにすぐにとりかかりたい」と出馬の動機を説明した。

 

 さらに、「今のままでは山や土地の所有者もわからなくなり、田畑の荒廃も進む。これを止める選挙だ」と強調。「地籍調査課」を設置し、5年かけて山林を含む全ての土地の境界を明確化させる事業▽景観保護に向けた水田の維持管理補助事業▽若者の定住を目的とした家賃無料の集合住宅を各地区に新設―などに意欲を示した。

 

 田合氏は同村出身で、県立橿原高校を卒業後、宇陀広域消防組合職員。平成7年4月から村議を1期、同14年8月から三重県名張市議を3期それぞれ務めた。4年前の村長選にも立候補した。同村長野。 

 

「地方選挙」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

「光の芸術家 ゆるかわふうの世界」展の招待券

「光のもとで」2018年
提供元:神戸ファッション美術館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ