社会

五條・「陀々堂の鬼はしり」たいまつ作り

関連ワード:

新年の幸せを願ってたいまつを組む鬼役ら=12日、五條市大津町の念仏寺

 五條市大津町の念仏寺で500年以上続く正月の伝統行事「陀々堂の鬼はしり」(国重要無形民俗文化財)で、鬼が持つたいまつ作りが12日、行われた。

 

 行事は毎年1月14日に行われ、大たいまつを手にした3匹の鬼が堂内を回る。地域に幸せをもたらす良い鬼で、燃え盛る炎が災厄を焼き払うとされる。

この記事の残り文字数:334文字

この記事は社会ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「伝統行事」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録

奈良新聞読者プレゼント

上位入賞者による演奏会の招待券

プレゼント写真
提供元:あおによし音楽コンクール奈良
当選者数:3組6人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ