歴史文化

響く声明 荘厳 法隆寺「金堂修正会」

関連ワード:

加持杖を手に声明を唱える僧侶ら=11日夜、斑鳩町法隆寺山内の法隆寺

 灯明照らす堂内で祈願

 

 斑鳩町法隆寺山内の法隆寺で、正月の伝統行事「金堂修正会(しゅしょうえ)」が営まれている。8日から14日までの7日間、「六時の行法」と呼ばれる1日6回の法要を繰り返し、国家の安隠や人々の幸せを祈る。11日夜の法要が報道各社に公開された。

 

 午後6時、古谷正覚住職ら僧侶11人が灯明とろうそくのみをともした薄暗い金堂に入堂。特有の節を付けた声明(しょうみょう)を響かせると、さらに堂内は荘厳な雰囲気に。僧侶らはウルシの木で作られた加持杖を手にほら貝を吹き鳴らして堂内を一巡し、「南無大吉祥天菩薩」を省略して「ダーイ」と大声で3回唱えるなどした。

 

 金堂修正会は奈良時代の神護景雲2(768)年に始まったとされ、金堂の吉祥天像と毘沙門天像(いずれも国宝)を本尊とすることから「吉祥悔過(けか)」とも呼ばれる。あす14日に結願(けちがん)を迎える。

「神社仏閣」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

ピアノデュオとバンドネオンのコンサートの招待券

プレゼント写真
提供元:大和高田さざんかホール
当選者数:10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ