政治

大和川流域水害対策計画策定へ 流域一体で防災と地域づくり連携

関連ワード:

特定都市河川指定を受けて設置された大和川流域水害対策協議会=12日、奈良市法蓮町のホテルリガーレ春日野

 大和川が全国初の特定都市河川に指定されたことを受けて国と県、県内流域市町村などは12日、奈良市法蓮町のホテルリガーレ春日野で大和川流域水害対策協議会を開いた。激甚化する災害に対応できる地域づくりを目指し、流域のすべての関係者が協働して取り組む「大和川流域水害対策計画」の策定を進める。

 

 同協議会は特定都市河川浸水被害対策法に基づく設置で、従来の「大和川流域総合治水対策協議会」に替わり、雨水の貯留施設整備など防災対策とまちづくりを連携させた総合的な対策の実施を目指す。

この記事の残り文字数:324文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「防災・減災」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

ピアノデュオとバンドネオンのコンサートの招待券

プレゼント写真
提供元:大和高田さざんかホール
当選者数:10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ