社会

福娘が縁起物授与 春日大社末社の佐良気神社で十日えびす

関連ワード:

参拝者に吉兆笹などを授ける福娘=10日、奈良市春日野町の春日大社

 奈良市春日野町の春日大社で10日、境内の末社・佐良気(さらけ)神社の「十日えびす」が営まれ、吉兆笹や熊手などの縁起物などを求める参拝者でにぎわった。

 

 同神社は「えべっさん」として親しまれている蛭子神(ひるこのかみ)を祭る神社で、商売繁盛や交渉成立にご利益があるとされる。一昨年の春日若宮おん祭で、ダイキン工業の十河政則社長兼CEOが「日使(ひのつかい)」役を務めた縁で同社の女子社員が福娘を務めた。金烏帽子(えぼし)をかぶった福娘は、小判やタイ、米俵などの縁起物をつけた吉兆笹や熊手などを笑顔で授与していた。

 

 愛知県愛西市の会社員市橋和樹さんは「友人から聞いて初めて参拝に来ました。コロナ禍のなか今年はいい年になってほしい」と話していた。

「伝統行事」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

「光の芸術家 ゆるかわふうの世界」展の招待券

「光のもとで」2018年
提供元:神戸ファッション美術館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ