政治

奈良県の平城宮跡前駐車場 大型観光バス4000台超利用で好調

関連ワード:

昨年10月からの開業で約4100台以上の大型バスが利用した「奈良めぐり平城宮跡前自動車駐車場」=奈良市

 県が奈良市の平城宮跡南側地区に整備した「奈良めぐり平城宮跡前自動車駐車場」が昨年10月1日に開業。10~11月までの大型観光バスの利用台数が約4100台とおおむね好調な滑り出しとなった。ただ、冬季は県内観光の閑散期となるため、管理運営費用など同時期の運営の見直しが急務といえる。

 

 県が令和2年に取得した積水化学工業・子会社の工場跡地(約4・9ヘクタール)のうち、大宮通り沿いを中心とした一部(1ヘクタール強)を開発した。多くは県庁東隣の奈良公園バスターミナル(奈良市登大路町)を利用する観光バスの待機場として活用されている。

この記事の残り文字数:659文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「交通・インフラ」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

ピアノデュオとバンドネオンのコンサートの招待券

プレゼント写真
提供元:大和高田さざんかホール
当選者数:10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ