歴史文化

西大寺で巨大掛け軸を初公開

関連ワード:

大日如来(掛け軸中央)と両脇侍を華麗に描いた「大日三尊」=9日、奈良市西大寺芝町1丁目の西大寺本堂

別の写真を見る

 奈良市西大寺芝町1丁目の西大寺で9日、約7メートル四方の巨大掛け軸2点が初公開された。長年、巻いた状態で同寺が保管してきたが、由来など詳細は不明。傷みが進んでいることから同寺は応急修理を検討している。

 

 掛け軸は大日如来と両脇侍(わきじ)を描いた「大日三尊」と不動明王を中心に五大明王を描いた「五大尊」で、いずれも江戸中期のものとみられている。長年の間に破損が広がった部分もあるが、図柄や彩色はかなり鮮明で、この日、たまたま同寺を訪れていた立木清矢郎君(11)=三重県=は「お寺や仏像が好き。『五大尊』は迫力があり、『大日三尊』は色がきれい。こんな幸運があるなんて」と目を輝かせた。

この記事の残り文字数:470文字

この記事は歴史文化ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「美術・音楽・芸術」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

「光の芸術家 ゆるかわふうの世界」展の招待券

「光のもとで」2018年
提供元:神戸ファッション美術館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ