社会

心臓病の男児と大リーグ・大谷選手の対面 母がつづり出版「移植医療に理解を」

関連ワード:

大谷選手に抱っこされた川崎翔平ちゃん=平成31年1月5日、大阪府吹田市の国立循環器病研究センター(川崎静葉さん提供)

 重い心臓病と闘い、平成31年3月に亡くなった川崎翔平ちゃん(享年1歳8カ月)の母、川崎静葉さん(36)=奈良市出身=がつづった「翔平選手と翔平ちゃん-奇跡のキャッチボール」(光文社、B6判、96ページ、税込み千円)が反響を呼んでいる。同書の印税の一部は心臓移植を待つ子どもたちの支援団体に寄付される。

 

 翔平ちゃんの名は投打の「二刀流」で活躍し、今季の米大リーグ最優秀選手(MVP)にも選ばれた大谷翔平選手(27)にあやかり「病気に打ち勝ち、世界を翔(か)けてほしい」との願いを込め、静葉さんと夫・太志さん(33)が名付けた。だが、翔平ちゃんは生まれた時から重症の拡張型心筋症を患い、命を救う道は心臓移植だけ。国内で移植を受けられる可能性は極めて低いため、夫妻は友人らの支援で「しょうへいくんを救う会」を立ち上げ、海外での移植にかかる資金を集める募金活動を始めた。

この記事の残り文字数:1,067文字

この記事は社会ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「保健・医療・福祉」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録

奈良新聞読者プレゼント

上位入賞者による演奏会の招待券

プレゼント写真
提供元:あおによし音楽コンクール奈良
当選者数:3組6人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ