政治

リニア工事土砂を広域防災拠点に利用 荒井・奈良県知事構想

関連ワード:

鉄道輸送を検討

 

 荒井正吾知事は8日までに、リニア中央新幹線の県内トンネル工事などで発生する土砂約700万立方メートルをJR線を利用して鉄道輸送し、五條市内に建設予定の県大規模広域防災拠点の整備に利用する構想を明らかにした。土砂の再利用だけでなく、環境への配慮や脱炭素への貢献も目的。国やJR東海側に伝えており、今後、具体的な検討を進める。

 

 東京―大阪間を結ぶリニア中央新幹線は、名古屋から三重県亀山市や「奈良市付近」の中間駅を結び、大阪市内に入る見通し。全線開業は令和19(2037)年を目指している。「奈良市付近」の中間駅は確定していないが、奈良、生駒、大和郡山の3市が中間駅誘致を目指している。

この記事の残り文字数:623文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「奈良県」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

元消防士のエッセイ集

プレゼント写真
提供元:文芸社
当選者数:3人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ