歴史文化

見る角度で異なる顔 - 大和路お寺をゆく59/新薬師寺(上)/薬師如来坐像

関連ワード:

どっしりと安定感にあふれた薬師如来坐像。周囲を十二神将像が守護する

 深い歴史と豊かな文化が息づく高畑の町並みの東の端、春日山の麓に立つ新薬師寺は天平19(747)年、聖武天皇のきさき、光明皇后によって創建された。

 

 大仏造立の途上で体調を崩した聖武天皇の病気回復を願って開かれた同寺の本尊は薬師如来坐像(木造、像高約190センチ、奈良~平安時代初期、国宝)。本堂(奈良時代、国宝)に丸く築かれた須弥壇(しゅみだん)の中央で、躍動感あふれる十二神将(奈良時代、国宝)に守護されたお薬師さまは安定感にあふれ、見上げる者の心を安堵(あんど)で満たす。

この記事の残り文字数:524文字

この記事は歴史文化ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「神社仏閣」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

「光の芸術家 ゆるかわふうの世界」展の招待券

「光のもとで」2018年
提供元:神戸ファッション美術館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ