歴史文化

橿原考古学研究所で「県伝統文化親子体験キャラバン」 出土品調査に挑戦

関連ワード:

研究員に教わりながら、青銅鏡のさび落としに取り組む参加者=8日、橿原市畝傍町の県立橿原考古学研究所

 考古学を楽しみ深めるイベントが8日、橿原市畝傍町の県立橿原考古学研究所であった。県と天理市、天理大学、奈良新聞社でつくる「県伝統文化親子体験キャラバン実行委員会」が主催する伝統文化体験シリーズの第3回。県内の小学生と保護者ら計約40人が参加した。

 

 天理市杣之内町の前方後円墳、東乗鞍古墳の石室を仮想現実(VR)の専用めがねを着用して体験。橿原市の坂口璃桜さん(11)と弟の大空君(7)は「家形石棺や手の骨を見つけた。大きさも実感できた。新しい技術ってすごい」と興奮していた。

この記事の残り文字数:202文字

この記事は歴史文化ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「考古学」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

ピアノデュオとバンドネオンのコンサートの招待券

プレゼント写真
提供元:大和高田さざんかホール
当選者数:10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ